この国は国民を助けるつもりは、あるやなしや。

この国は国民に税金を払って良かったな。と思わせることは出来るのか。
マスクは届かない。10万円給付の書類は届かない。電子申請はめんどくさい。
雇用調整助成金はいつになる。自粛要請はするがちょっとの金しか出さない。いつになるか分からない。お金を貸しますというが受付もできない。いったい何をやっているのか?

明日の生活が不安なのに、いつまでかかっているのか。期限を切らない仕事なんて、民間では考えられない。

持続化給付金にいたっては、まだ去年の収入と比較してどうのこうの。新しく事業を始めた人は助けないといわんばかり。
足腰の弱い新規事業者を助ける。生活困窮者をまず助ける。これが最重要課題なのではないか?アフターコロナに予算を割いているようだが、このままいくと、明日が来ない人が続出するのではないだろうか。
まずは、今を何とかしなければならない。想像力が欠如している政治家を選択した我々にも責任があるのか………。

民間は新しいアイディアを出しながら必死に活動している。
僕たちは、日本が沈まないように、頑張らなければならない。
ガンバロー日本!!

"この国は国民を助けるつもりは、あるやなしや。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント